治療の風景

当院の物理療法

 

 

物理療法とは温熱や電気、光線、音波などの物理的エネルギーの生体への作用を利用した治療です。当院では「高周波治療器」、「低周波治療器」、「遠赤外線治療器」、「空圧マッサージ治療器」、「ウォーターマッサージベッド」を揃えて治療にあたっています。
物理療法による効能は、筋緊張の緩和や鎮痛作用、抗炎症作用があり、ほかにも血行促進、神経や筋の活動を正常にする作用も期待できます。各治療機器は症状ごとに適したものを使用します。

 

当院の徒手療法

 

当方は「鍼灸師」のほか「柔道整復師」、「あん摩マッサージ指圧師」の資格を有しております。
とりわけ、取得者の少ない国家資格「あん摩マッサージ指圧師」の免許を所有し、その手法を施術に大きく反映させています。指圧を主体とした手技を行ないますので、しっかりと経穴(ツボ)に効かせて、身体を心地よく健全な状態へ導きます。
また、患者様の状態に応じて整骨やその他の徒手療法を使い分け、医学的見地に基づき、適切かつ効果的に施術をいたします。

 

鍼灸治療のご説明

当院の鍼灸治療を紹介させていただく前に東洋医学について少しご説明いたします...
東洋医学=鍼灸を理解するうえではずせないのが「気」の概念です。
「気」とは私たちの体を流れているエネルギーのことで、生きていくためになくてはならないものです。(=現代医学で言えば血管の中を流れる栄養素のようなもの。)これが病むと文字通り「病気」になってしまいます。
ところでこの「気」というエネルギーは全身に充満しているわけではなく、ある決まった道を通って五臓六腑に通じています。この通り道のことを経絡(けいらく)といい、全部で14本あります。気がこの経絡を正常に流れているうちは健康でいられますが、どこかで滞ると体調を崩してしまいます。そしてこの経絡の要所にあって、気の流れを調節しているのが経穴(けいけつ=ツボ)です。ツボを刺激して気がうまく流れるようにすればその経絡につながる機能が回復する、これが東洋医学の考え方です。


当院の鍼灸治療

 

当院で使用する鍼は直径が0.16㎜、毛髪ほどのとても細いものです。
当然、すべて使い捨てのディスポーザブル鍼を使います。
施術についても痛みのない『無痛療法』を特徴としておりますので、鍼が初めての方でも安心して治療を受けて頂けます。鍼治療は経絡・経穴を刺激して気血の流れを良くすることで体の状態や機能を回復へと導きます。根本的に症状の改善を図りたい方には特にお勧めです。また「小児はり」、「逆子の治療」を通してお子様の健やかな成長のお手伝いもしております。ぜひお試し下さい。

 

当院の灸治療

 

鍼治療と同様に経絡・経穴に対して温熱の刺激を与え、気血の流れを良くすることで症状の改善を図ります。当院では温灸を中心とした間接灸を使用しており、肌に直接お灸をすえませんのでヤケドや跡が残りにくく安心です。
またお灸の熱さも3タイプ用意しておりますのでお好みに応じて使い分けることができます。
とりわけ慢性疾患や血行不良に対して効果的です。


当院の治療スタンス

現代医学は私たちの生活になくてはならないもので、鍼灸治療(東洋医学)で現代医療の代わりをすることなどとうてい考えられないことです。ただ東洋医学には得意な分野があります。とくに「病気の予防」「病後のケア」「体質改善」など、いかに健やかに暮らすかという分野ではその力を十分に発揮します。
『現代医学の恩恵を受けながら、東洋医学を取り入れて毎日の生活を快適にしていく。』このようなスタンスで皆さまの健康づくりに貢献できないものかと考え、治療にあたっております。